工事・実績

嵩上げとは

嵩上げとは

嵩上げでできること

  • 建物を揚げて、一階を駐車場や店舗にする
  • 沈下した家をもち揚げて地盤改良後、基礎をやり直す
  • 古くなった基礎・土台をやり直す
  • 床上、床下浸水などの水害防止・予防
  • 耐震補強の為の強固な基礎にする
  • 今ある場所よりも高台の土地へ移動

注※当社の建造物嵩上げ工事は、生活に必要不可欠な家財道具、
設備(電気・水道・ガス・台所・浴室・トイレ)を工事開始から完了まで
使用できる状態で工事を行います。

嵩上げの活用法

真上に揚げる

メリット

建物を移動させずにそのままもち揚げて施工する

基礎の補修

メリット

建物の寿命を長持ちさせる

豪雨浸水対策

メリット

我が家を襲う異常気象による水害による床上・床下浸水の対策ができる

耐震補強対策

メリット

地盤沈下や耐震補強の為、基礎を強固にできる

嵩上げには主に3つの工法があります

腰下姿曳揚家工法

土台の下にレールを設置し、既存基礎と建物を切り離して、移転先の新設した基礎の上へ移動する工法です。

腰付揚家工法

レールを土台より上に通し、ワイヤーで柱鉄骨を縛り付け揚家する工法です。

基礎共移動工法

基礎と一緒に建物を移動する工法です。

 

嵩上げの流れ

置換工法

ご相談・お見積もりは無料ですので、まずはお電話やお問い合わせフォームにてお気軽にご連絡ください。

その他 施工例

曳家(建造物移動工事) 嵩上げ 古民家再生 重量物移動 沈下修正・防止 地盤改良 コンクリート工事 震災復旧工事

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る