工事・実績

地盤改良とは

地盤改良とは

地盤改良の必要性

地盤を固めておかないと、家が傾いたり、液状化現象が起きたときに影響がでます。
そのためにも地盤改良をすることが求められます。

地盤改良には主に4つの工法があります

 

地盤改良の4つの工法説明図

置換工法

軟弱な地盤を掘削・除去し、支持力の期待できる良質土置き換える工法です。

表層地盤改良工法

バックホウ等を用いて改良対象地盤を平面的に掘削し、石灰・セメント・セメント系固化材等を混合しながら埋め戻します。埋め戻しの際はローラーやランマーにより十分に転圧し締め固めます。

柱状改良工法

・湿式改良柱体工法ミルク状にしたセメント系固化材を地盤に注入しながら、回転式撹拌掘削機で掘削、混合・撹拌し強固な固結体を築造する工法です。

・乾式改良柱体工法所定の深度まで掘削した孔内、掘削土とセメント系固化材を混合して、スクリューにより撹拌、締固めを行い、柱体を造る工法です。

鋼管杭工法

建造物を支えることができる地盤まで杭を打設して支持させる工法です。支持地盤まで打設する場合は、液状化対策工法としても期待できます。

地盤改良の流れ

工事の流れ

ご相談・お見積もりは無料ですので、まずはお電話やお問い合わせフォームにてお気軽にご連絡ください。

その他 施工例

曳家(建造物移動工事) 嵩上げ 古民家再生 重量物移動 沈下修正・防止 地盤改良 コンクリート工事 震災復旧工事

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る